2018.08.09

ベティスのレジェンドが乾貴士に贈る
「ベティコを味方につける法」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 ただ、乾がベティスにとって欠かせない存在になるには、彼自身も最高の力を出し切らねばならない。今シーズンのベティスは、強いチームへと返り咲くこととチャンピオンズリーグ出場権を狙っている。乾獲得も、もちろんこのプロジェクトの一環だ。攻撃における多彩な能力をマックスに発揮し、サイドの先端でプレーし、ときにはトップ下も務める必要がある。

 乾は30歳。少なくともあと3、4年はハイレベルのプレーを続けることができるだろう。すでにスペインリーグをよく知っているのも強みだ。スペインのマスコミのやり方、スペイン各地のスタジアムを知っているし、言葉もある程度、理解できる。

 ただし、サポーターに関しては今までとはかなり勝手が違うかもしれない。ベティスのサポーター”ベティコ”は、とにかくスペイン一熱い。怒らせると怖いが、味方につければこれほど心強いものはない。

 彼らの心をつかむには、とにかくチームのために全身全霊でプレーしているのを見せることだ。懸命さが彼らに認められれば、多少のミスも許してくれる。そして、もし重要なゴールでも決めれば、乾は2カ月もしないうちにベティコのアイドルとなるだろう。

 乾がつける背番号14は、過去に多くの優秀な選手が背負ってきたものだ。シャビ・トーレス、サルバ・セビージャ、カピ、ホルヘ・オテロ、ロベルト・リオス、ルイス・マルケス、オスカー・アルポン……。チームがこの番号を与えた意味を、乾が理解してくれることを望んでいる。