2018.08.07

投資家の教えを守り、データを解析…
ビッグクラブの選手獲得に変化

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

 アルゼンチン人のエージェント、オラシオ・パタニアンに言わせれば、今やクラブは「選手の能力も技術も弱点も、市場価値も契約上の地位も、すべて知り尽くしている」。

 失敗する移籍はまだあるが、そのリスクは実に小さくなった。クラブはある大会でたまたま活躍した選手に飛びつかなくなったし、対戦相手にいい選手を見つけたからといって契約することもなくなった。

 だが、時代についていけない人もいる。下部リーグに属するクラブの20代のオーナーが、先日のワールドカップをVIP席で見ていた。彼はある選手を指さして、「あの選手がほしい!」と言った。

「だめです」と、スタッフが言った。「彼はユベントスと交渉しています」

 ワールドカップでいい選手を見つけても、もう遅いのだ。ゆっくりとだが、フットボール界も賢くなっている。



関連記事