2018.07.15

ポスト「メッシ・ロナウド」はいたか。
W杯を彩った若きホープたち

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 もっとも、若さも露呈した。

 アルゼンチン戦とはうって変わって、準々決勝のウルグアイ戦ではもうひとつの顔を見せている。ラフなディフェンスを受けていたのはあったが、少しファウルをされただけで痛そうに倒れ込み、「パリ・サンジェルマンでネイマールに悪いことを教えられた。早くもスター気取りだ」と、辛辣な批判を受けている。不必要なイエローカードをもらった場面では、ディディエ・デシャン監督からもたしなめられた。

「キリアンは賢い子だ。聞く耳を持っている。メディアはスター扱いするが、まだ19歳で、いろいろ学んでいるところさ」

 デシャンはそう説明しているが、ムバッペは、どこかで熱くなってしまい、自分を見失うところがまだ見られる。試合の流れから完全に消えてしまう時間も目立った。それでも、10代でこの存在感は、久々に「怪物」の称号が与えられるのではないか。

 メッシ、ロナウドは特別な存在といえる。不世出のプレーヤーだろう。しかし、時代はうねりのなかで新たな怪物を生み出すはずだ。

◆W杯決勝直前。超速・フランスと好感度抜群・クロアチアの本質に迫る>>

◆苦しい時には必ずモドリッチがいる。旧ユーゴ内戦を乗り越えた男の本性>>

関連記事