2018.06.18

ドイツ撃破のメキシコ。6カ月前から
研究し、王者相手でもビビらない

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


王者ドイツを見事に打ち破ったメキシコ 互いの戦略は、実に対照的なものだった。

 メキシコのファン・カルロス・オソリオ監督が、「(組み合わせが決まってから)6カ月間、プランを練ってきた」というドイツ対策。ドイツが得意とする、ふたりのセンターバックとふたりのボランチで行なうビルドアップに対し、メキシコはトップ下のカルロス・ベラを中心にプレッシャーをかけ続け、決して楽にボールを持ち上がらせたり、縦パスを入れさせたりしなかった。

 そしてボールを奪うと、右のMFミゲル・ラジュン、左のFWイルビング・ロサーノというふたりの俊足ウイングが、たちまちサイドから飛び出してくる。メキシコは両翼を担うふたりのスピード、すなわち、攻守の切り替えの速さと走る速さをドイツの目の前にちらつかせることで、試合を常に優位に進めることができた。

 値千金の決勝ゴールにしても、まさにこの形――電撃のカウンターアタックから生まれている。

 前半35分、メキシコは自陣でボールを奪うと、センターバックのDFエクトル・モレノがセンターフォワードのFWハビエル・エルナンデスへ縦パスを入れる。するとエルナンデスは、素早くサポートに入ったボランチのMFアンドレス・グアルダードとのパス交換で前線へ抜け出し、相手DFを十分に引きつけたところで、左サイドを駆け上がってきたロサーノへラストパス。余裕十分のロサーノはトラップの瞬間、内側へ切り返し、追いすがるDFをかわすと、右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。