2018.06.18

W杯番長3人が対戦3カ国の弱点を発見。
日本の16強入りは十分ある

倉敷 中山さんはどう考えていますか?

中山 小澤さんと同じで、僕も5バックにして引いて守るという方法では、日本は最後まで守り切れないと思っています。ですから、難しいことだとは思いますが、できるだけ自分たちのゴールから遠いエリアでプレーしなければいけません。そのためには、なるべく長い時間、コンパクトな状態を保てるかがカギになるでしょう。

 そう考えた場合、システムは3列を保ちやすい4-4-2にするなどの工夫をして、相手のCBがビルドアップを開始するところからプレスをかけて、スペースを与えないというやり方がベターなのではないでしょうか。

倉敷 サイドの選手の強度が重要ですが、インテル時代に長友佑都とチームメイトだったエステバン・カンビアッソがコーチングスタッフに加わったことで、コロンビアが長友のいるサイドをどう警戒し、攻略しようと作戦を練るのかは興味深いですね。

 何事においても真摯なペケルマン監督は日本に対して、経験と技術を持った良いチームだ、とコメントしています。コロンビアを指揮するのは熱いモチベーターではなく冷静沈着な監督ですね。

中山 たとえばブラジル、アルゼンチンなど、あくまでも優勝を目指してコンディションを調整してくる強豪であれば、日本に対して少し油断をしてくれるかもしれないという期待も持てるのですが、コロンビアの目標はまずグループリーグ突破と考えているようなので、間違いなく高い集中力で初戦に臨んでくるでしょう。

 これはセネガルやポーランドも同じですが、今回の対戦国については、油断してくれることを期待できそうにないので、日本もそのつもりで立ち向かっていく必要があります。