2018.06.05

地獄ですよね…。代表GK川島、
東口に聞く「CL決勝カリウスの悲劇」

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

 では、カリウスと同じ職業の人間はあれをどう見たのか。キエフから戻った翌日に、ちょうど日本代表のガーナ戦を取材する機会があったので、日本代表のGKにこの質問をぶつけてみた。

「地獄ですよね」と答えたのは東口順昭(まさあき)だ。ガンバ大阪の下部組織次代にユースに上がれなかった経験など、多くの苦労を重ねて現在の立場を築いた32歳は真摯にこの質問に向き合ってくれた。

「実際、仲間のフィールドの選手にもけっこう聞かれました。『キーパーってああいうとき、どんな心境なん?』って。想像するしかないですけど、チャンピオンズリーグ決勝なら、プレッシャーや緊張感が半端じゃないでしょう。そういうなかでプレーするキーパーは、ホンマに難しいですよね。もちろんシュートを止めて活躍したらヒーローになるんでしょうけど、やっぱり地獄を見る確率のほうが高いポジションやなって」

 彼自身にも似たような経験があるという。

「中学1、2年のころ、ガンバのジュニアユースで年上の試合に出なあかんときがあって。キーパーが僕しかいなかったんです。ものすごく緊張して、極端に視野が狭くなり、実際に自分のミスで負けた。その後は、ほんまにサッカーやめようと思うくらい、追い込まれました。もう嫌やなと。でも今思えば、あの経験が自分を強くしたと思う。自分は中学の時でよかった。チャンピオンズリーグ決勝のような舞台でああなってしまうと、トラウマは半端じゃないやろうなと思います」