2018.04.24

「カルチョの星」となったローマ。
CL初制覇へ因縁のリバプールと激突

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

 ディ・フランチェスコとローマはその道しるべを立てた。CLの前身であるヨーロピアンカップ時代に1度だけ準決勝と決勝に到達したことはあるが、もう34年も前のこと。今季の4強の相手となるリバプールは、その決勝で対戦し、本拠地オリンピコでPK戦の末に惜敗した因縁の相手だ。クラブは当然、雪辱を胸に誓っている。

 昨季まで共にプレーしていたモハメド・サラーは、リバプールで手のつけられない存在になった。また、第1戦が行なわれるアンフィールドは文字通りの敵地となるに違いない。

 ただしそこでどんな結果に終わろうと、彼らにはすがる場所がある。アウェーで『You’ll never walk alone』の洗礼を受けても、翌週に永遠の都で『Roma, Roma, Roma』を聞けば、選手たちは再び勇猛な剣闘士になり、目の奥に炎を宿して歴史を覆そうとするだろう。長靴の形をしたフットボールネーションの火が、まだ消えていないことを証明するためにも。

◆CL準決勝リバプール対ローマは、どちらが挑戦者か。熟練の3人が探る>>

◆福田正博が「今からでも勝つ可能性のある西野ジャパン23人」を選出>>

関連記事