2018.04.24

レアルとバイエルン。4強「常連さん」の
戦術をCL研究家3人が説く

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.18

 2017-2018シーズンも佳境を迎え、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。

 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のレビュー。CL3連覇を狙うレアル・マドリーとバイエルンが、それぞれ難敵のユベントス、セビージャを退けた対戦を振り返ります。

――次は、チャンピオンズリーグ準決勝のバイエルン対レアル・マドリー(第1戦;4月25日、第2戦;5月1日)を展望していただきたいと思いますが、まずその前に、両チームの準々決勝を振り返るところからお願いします。

連載記事一覧はこちら>>

後半終了間際、ロナウドがPKを決めて勝ち越し、何とか勝ち上がったレアル・マドリー
倉敷
 まずユベントス対レアル・マドリーのレビューから。2試合を180分の試合としてみれば、マドリー圧倒的有利な展開から一転、『ローマは最高潮! ユベントスにはできますか?』というトゥットスポルトの見出しに応えるかのようなドキドキハラハラの終盤で、最後の最後で大きな議論を呼んだレフェリーの判定があり、突然終わったというゲームでした。まずマドリーが3−0で完勝したファーストレグを小澤さんはどうご覧になりましたか。

小澤 マドリーは、開始3分にクリスティアーノ・ロナウドが先制ゴールを決めたのが大きかったですね。いきなりアウェーゴールを奪えたことで、その後は落ち着いて試合を進められたと思います。そして、2点目はロナウドのオーバーヘッド。これは、ユベンティーノも拍手せざるを得ないような芸術作品でした。

 個人的にはもう少しユベントスが戦えると思っていたのですが、意外と何もないまま終わってしまった。逆に、マドリーとしては完璧な試合運びだったのではないでしょうか。