2018.04.23

CL準決勝リバプール対ローマは
どちらが挑戦者か。熟練の3人が探る

  • photo by Getty Images

倉敷 それと、少し細かいファクターになりますが、近年は国内リーグにおいてもチャンピオンズリーグ出場権を獲得できないチームは失敗をしてしまったという評価がされる時代になっている中で、現在の両チームの国内リーグ状況を見ると、リバプールの方は安全圏にいますが、ローマは微妙な状況にあります。

 つまり、ファーストレグの結果がリーグ戦にどのように影響するかという点で、ローマの方がファーストレグに重きを置かなければいけないという状況にあるということです。もしファーストレグで完敗して可能性がなくなったら、ディ・フランチェスコは国内リーグにエネルギーを集中させる可能性もあるからです。

 ただ、矛盾するようですけど、ディ・フランチェスコがどちらにかけている人なのかということは、まだわからない部分が多い。チャンピオンズにプライオリティを置いている可能性だってないことはないだろうと思うので、その見極めも含めて、第1戦、第2戦と、それぞれ違った楽しみ方があるのかなと思っています。

中山 確かにディ・フランチェスコにとっては悩ましいところですね。チャンピオンズリーグのファイナリストになる千載一遇のチャンスを逃したくないという”色気”みたいなものも出てくるでしょうし、とはいえ、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したら自分の立場が危うくなってしまう可能性もある。ローマは決して選手層の厚いチームではないですから、リーグ戦を含めてどのようにローテーションを組むのかという点にも注目する必要がありそうです。

 いずれにしても、倉敷さんが冒頭でおっしゃっていたように、この対戦はどちらがチャレンジャーになりきれるかがポイントになるでしょう。メンタル的に守りに入った方が、最終的に落とし穴にはまってしまうような気がします。そういう点で、特にローマの戦い方に注目したいと思います。

連載記事一覧はこちら>>

◆バルサ、シティの「番狂わせ敗退」をCL博士3人が論理的に読み解く>>

◆福田正博が「今からでも勝つ可能性のある西野ジャパン23人」を選出>>

関連記事