2018.04.23

CL準決勝リバプール対ローマは
どちらが挑戦者か。熟練の3人が探る

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.17

 2017-2018シーズンも佳境を迎え、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。

 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のプレビュー。リバプール対ローマは、どのような展開になるのか? 優位に立つのはどちらか? 両監督の采配は?

連載記事一覧はこちら>>

――今回はチャンピオンズリーグ準決勝、リバプール対ローマ(第1戦;4月24日、第2戦;5月2日)を展望していただきたいと思います。まず、お三方はこのカードの見どころはどこにあると見ていますか?

CL準決勝で対戦するリバプールのクロップ監督(左)とローマのディ・フランチェスコ監督

倉敷 まず、ここまで勝ち上がることが期待されていなかった両チームの対戦であるということ。それから、準々決勝ではマンチェスター・シティ、バルセロナという似たテイストのチームを、それぞれが異なるやり方によって破ってきたチーム同士の対戦ということ。この2つの点において、似た境遇にあるチームの対戦だと見ています。

 つまり、この対戦の前段階でひとつのピークを見せてしまった両チームが、次に同じようなアップセットをしてきた者同士の対戦を迎えた時、果たしてどちらがチャレンジャーになるのか、という興味が湧いてきます。

 そのうえで、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督がどのシステムを選択するのかという点にも注目しています。バルサ戦のセカンドレグの時は3バックにして戦いましたけど、リバプール戦を3バックで臨むわけにはいかないので、ここは必ず4バックに戻してくると思います。

 そうなると、ローマは中盤で圧倒できるゲームをできなくなってしまうわけですから、よりエディン・ジェコの役割がカギになってくるのではないかと見ています。