2018.03.12

乾貴士が誇るエイバルのサッカー。
敵将ジダンも「すばらしい」を連発

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi Photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「同じことの繰り返しですね。いつもいい入りをして、いい試合はできていますけど、結局、簡単に一発で失点をして、最後は自分たちのミスで負ける……。同じだなって感じですね」

 試合終了後のミックスゾーンで乾貴士は悔しさをにじませた。

 エイバルのホーム、イプルアで3月10日に行なわれたリーガエスパニョーラ第28節エイバル対レアル・マドリード。序盤からホームのエイバルがマドリード陣内でプレーをする時間が続いたが、終わってみればクリスティアーノ・ロナウドの2発の前に1-2と敗れ、レアル・マドリード戦初勝利は来シーズン以降に持ち越されることになった。

レアル・マドリード戦に先発、後半42分までプレーした乾貴士 この日の試合は、日本企業がエイバルのオフィシャルスポンサーとなったことや、相手がレアル・マドリードであったことから、イプルアにはいつも以上に多くの日本人サポーターの姿があった。そして人口約3万人の小さな町の、収容人数6500人の小さなスタジアムで躍動していたのは、ホームのエイバルだった。

「今日はすばらしい試合をやったエイバルを評価しなければいけない。彼らはすばらしかったし、偉大な試合をやった。特に前半はね。すばらしいシーズンを送っているすばらしいチーム相手の、難しいピッチでの試合だった」

 試合後の記者会見で敵将ジネディーヌ・ジダンが「すばらしい」を連発したように、前半に関していえば、エイバルがレアルを圧倒していた試合だった。だが、2週間前のバルセロナ対エイバル戦で絶妙なアシストをしたリオネル・メッシ同様、リーガの誇るもうひとりの天才クリスティアーノ・ロナウドがエイバルの前に立ちはだかった。

 しかも悔やまれるのが、いずれもチームの自陣でのミスパスから生まれたゴールだったことだ。