2018.02.20

フィーゴ、ペップ、メッシ…。
本物ユニフォームでたどるバルサ近代史

 そのうちのひとつ、1992-93シーズンの3番(サプライヤーはカッパ)は現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラが現役時代にまとっていたものだ。

1992-93シーズンにジョゼップ・グアルディオラが着ていたユニフォーム 当時のバルサは、ヨハン・クライフ監督のもと前のシーズンにヨーロピアンカップ(チャンピオンズリーグの前身)を初めて制し、ドリームチームと呼ばれていた。翌シーズンは欧州でこそ早期敗退したものの、リーガでは3連覇を達成。そのチームの中盤でオーガナイザー役を担っていたのが、グアルディオラだった。

 メッシの名前の下に10番ではなく、19番がプリントされているのは2007-08シーズンのホームユニフォーム(サプライヤーはナイキ)だ。デビュー当初は30番で、2005-06シーズンからこのシーズンまで19番をつけていた。

2007-08シーズンのメッシのユニフォーム フランク・ライカールト監督が統率した当時のバルサには、ロナウジーニョ、サミュエル・エトー、ティエリ・アンリなど、絢爛(けんらん)豪華なアタッカーが揃っていたが、20歳のメッシも存在感を増し、リーガの序盤戦では4試合連続ゴールを記録。ただし、たびたび負傷にも見舞われ、最終的にはリーガ28試合で10得点に終わっている。まだ体ができていなかった頃とはいえ、その後の9シーズンは平均してリーグ戦35得点以上を記録していることを考えれば、隔世の感がある。

 バルセロナのユニフォームの変遷とともに、クラブの歴史を知ることができるこの展示会。古くからのファンも新しいサポーターも、バルセロナが好きな人は間違いなく楽しめるはずだ。

 果たして今季のユニフォームは、どんな成功に浴すことになるのだろうか。まずはチェルシーとのラウンド16がその試金石となる。歴史はこれからも紡がれていく。

◆チェルシー戦の注目はパウリーニョ。バルサ「6番」の系譜とは何か>>

◆ピクシーのイライラが消えた。ベンゲルがタクトを振り、選手が応える>>

関連記事