2018.02.19

スタメン落ちの武藤嘉紀。ライバル2人の
ゴール連発に「自分も結果を」

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Getty Images

「ライバルが得点を取りましたけど、まずはチームが勝つことが必要でした」と、武藤は競争相手の活躍を歓迎する。

 これで後半戦は武藤3ゴール、ベルクグレーン2ゴール、クアイソン2ゴールとほぼ並んだ。過去の実績を考えればチームの武藤への信頼はそう簡単に揺らぐことはないだろうが、次節ヴォルフスブルク戦では直近の試合で結果を出したベルクグレーンとクアイソンが先発に名を連ねる可能性が高い。

 次節は久々のホームゲーム。「誰が(先発で)出るかわからないですけど、とにかく次に自分がチャンスをもらったときに、アシストやらゴールやら目に見える結果というのを残さないといけないと思います」と、武藤は決意を新たにした。

◆ピクシーのイライラが消えた。ベンゲルがタクトを振り、選手が応える>>

◆乾貴士、バルサを恐れず「こういう試合ができるのがエイバル」と誇る>>

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事