2018.01.03

リーズが井手口陽介を獲得する理由を、
フロントの藤田俊哉に聞いた

  • 中田徹●取材・文・撮影 text & photo by Nakata Toru

―― サポーターの受け止め方は?

藤田 サポーターの心理として、選手が出ていくと寂しい、というのは常につきまとう。でも、活躍を祈って送り出す、という思いのほうが強い。彼らには、このクラブで育った選手があそこで活躍している、という喜びがある。それが移籍に対する捉え方。だから、その選手のことをずっと可愛がる。最後に帰ってくれば、さらに喜んでくれる。

―― リーズが井手口選手をリストアップしたことについては?

藤田 スカウトたちは将来性を買っていた。チャンピオンシップは相当激しいリーグだから、彼が今まで持っていたものをどれだけ発揮できるか試せる。彼の目標は当然プレミアリーグでの活躍だから、チャンピオンシップはそこへの準備としても最高の場となる。

 リーズにとっても、プレミア返り咲きは「サポーターの願い」でもある。それを持ってチャンピオンシップを戦える。プランとしてはいい。そこから飛躍していってほしい。

 今、井手口は21歳。時間は十分ある。23歳までチャンピオンシップでやり、24歳からプレミアリーグで活躍する。慌てる必要はないけど、そんなイメージで進んでもらいたい。

―― 彼の夢がプレミアリーグであっても、労働許可が出ないなら、しばらくはイギリス国外でプレーしないといけないかもしれません。

藤田 だから、1月からヨーロッパでのプレーを彼が望めば、ワールドカップ後にリーズに加わることを前提として、半年間は他の国でプレーすることになる。