2018.01.03

岡崎慎司の教えを胸に。ドイツ8部から
這い上がる日本人選手の思い

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by FC Basara Mainz, Nakata Toru

 しかし、ドイツのチームに最初から入っちゃうと、そこは難しい。だからバサラマインツにいるうちに、もっと語学にも力を入れてやってほしい。その大切さを、まだみんなわかってない」(日高)

 山下は、高校の後輩であり、バサラマインツのスーパーアドバイザーを務める岡崎慎司にいろいろと相談に乗ってもらっている。そして、シュツットガルトで苦しみ、マインツで花開き、レスター・シティでプレミアリーグを制し、今はまたレギュラー確保に向けて切磋琢磨する男の話をバサラマインツの選手に伝えるのだ。

「今度、選手たちに話そうと思っていることは、岡崎の『自分のプレーを客観視して、できること・できないことをハッキリさせることが大事なんじゃないですか』という言葉。うちの選手にも苦手なプレーをやろうとして、それでミスをして迷いが生まれ、全体のプレーもマイナスの方向へ進む悪循環がある。だからそこは割り切って、安全にパスすることも大事になってくる。

『より強い相手とやるほうが、できることとできないことが明確になるからわかりやすい』とも岡崎は言ってました。うちらはどちらかと言えば、強い相手とやるとプレッシャーのほうが勝っちゃって、弱腰になっちゃう」(山下)

 そして山下は、しみじみとこう言った。

「岡崎は、『自分はまだまだ成長段階です。日々是(ひびこれ)チャレンジ。それが駄目だったら、次はこうしようと思ってやってます』と言ってるんです。もう31歳の彼が、ですよ。そういう男がバサラマインツに関わってくれてよかったと思います」

◆名波監督も「すごいやつだ」と驚嘆。ジュビロを変えた中村俊輔の存在>>

◆オランダからイギリスへ。藤田俊哉がリーズのフロントに転職した理由>>

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事