2017.12.22

スペイン人より詳しいあの3人が語り合う、
細かすぎるクラシコ観戦術

  • 中山淳●構成 text by Nakayama Atsushi
  • 山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita

小澤一郎氏小澤 普通に考えれば、2トップのクリスティアーノとベンゼマの下にイスコを置いた中盤ダイヤモンド型の4-4-2となるでしょうね。ベイルはスーパーサブとしてベンチに温存して、勝負をかけるときにピッチに投入するという。

中山 ただ、ジダンは今も現役時代のように王道を歩いている人だから、世界が注目するクラシコでBBCを結成させ、昨シーズンの基本布陣である4-3-3にしてくるかもしれません。でもそうなると、カゼミーロ、ルカ・モドリッチ、トニー・クロースという中盤3人のうち誰かがベンチスタートになってしまう。センターのカゼミーロは外せないので、トニ・クロースあたりがサブになる可能性が高いですわけが、やっぱり全体のバランスを考えると、小澤さんが言うようにベイルをベンチスタートにする方が妥当ですね。

倉敷 とにかく現在暫定4位のマドリーは、1試合消化が少ないとはいえ、首位バルセロナと勝ち点11ポイント差もあるので、絶対にこの試合を落とすわけにはいかないという切羽詰まった状況にあります。その成績不振の大きな要因が、クリスティアーノがリーグ戦でまだ4ゴールしか決めていない点にあります。特にホームで最初にゴールを決めたのがようやく11月25日(マラガ戦)という珍しい現象が起こっています。もともとクリスティアーノはクラシコを得意としていないという不安材料もあります。

中山 そこですね。15節のセビージャ戦(12月9日・ホーム)で2ゴールを挙げているので、自らのゴールで優勝したクラブワールドカップを経て、彼がその良いフィーリングをクラシコでも持続させられるかという部分に注目が集まります。