2017.12.13

スタメンだった香川真司、ドルトムント
新監督の期待にゴールで応える

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「練習は1回しかやってないのですが、フォーメーション形式でやって、最初はスタメンでは出てなかったんです。監督は『(先発とベンチメンバーを)ミックスしてる、関係ない』と言っていたんですけど、ベンチかなと、少し予想していました。でも、フィーリング的には練習で悪くなかったし、しっかりスタメンだったので(よかった)。コンディションは悪くないので、プラスアルファ、チームとしての自信であったり、どう戦っていくのかであったりを、これからもっと積み上げていきたいです」

 なによりも大事なのは勝つことだったのは明らかだ。

「どんな不細工な試合でも勝つぞと、みんなで言っていた。前半はうまくいかなかったですけど、慌ててなかったですし、これを続けてどんな形でも点をとれるはずだっていうのは話していた。今日はみんな、割り切ってやれていたと思います」

 自分たちの本来の姿を取り戻すために、何よりも勝利を優先したのがこの一戦だったというわけだ。

 前半は、ホームのマインツが多くのチャンスを作り、ドルトムントを脅(おびや)かした。立ち上がりから攻め込まれ、ポストに救われるようなシュートもあった。だが、この日のドルトムントは慌てて反撃に出ることはしなかった。じっくりと引いて落ち着いて立て直し、そこから前に出ていくことを徹底した。とにかく攻撃をして主導権を握ることを優先してきたボス時代からの変化が、早くも見られた。