2017.12.12

レアルとPSG、どちらが強いか。
CL決勝T1回戦でゴージャス対決

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 ところが、グループリーグではトッテナムの後塵を拝し、2位に甘んじた。したがって決勝トーナメント1回戦では、他の組の首位チームと対戦することになった。抽選会最大の見どころは、その対戦相手だった。

 抽選の結果、レアル・マドリードの相手に選ばれたパリ・サンジェルマン(PSG)は、この結果を歓迎しているのだろうか。落胆しているのだろうか。気になるのはこの点だ。

 今季、バルセロナからネイマールを獲得。モナコからキリアン・ムバッペも獲得し、これにエディソン・カバーニを加えた強力3FWを前線に並べたPSGは、グループリーグ第2節、ホームでバイエルンと対戦した。結果は3-0。毎シーズン、CLで優勝を狙える位置につける格上のドイツの強豪を撃破し、今季こそはやりそうなムードを欧州に誇示していた。

 PSGはここ数年で欧州の上位チームに台頭した、言わずと知れた金満クラブである。2012~13シーズン、8シーズンぶりにCLの舞台に立つと、そこから昨季まで5シーズン連続決勝トーナメント進出を果たしたものの、その最高位はベスト8。敗れた相手はその5回のうち3回をバルサが占めている。