2017.11.16

警告のラッパは7度鳴る。イタリアに見る、
W杯予選「地獄の黙示録」

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 こうしてイタリアは、ただ過去の栄光にすがるだけの存在に成り下がってしまった。イタリアサッカーの停滞ぶりは、データからも読み解くことができる。一例を挙げると、代表での得点ランキング。トップ10に名前を連ねるのは、いずれも過去の選手ばかり。いまだ1位に輝くのは、60年代から70年代にかけて活躍したジジ・リーヴァなのだ。

 ただひとつだけ、この「終末」にも効能はあるかもしれない。

 これほどの国を巻き込んでの大失態に、改革を先延ばしにしてきたサッカー界も、今度ばかりは真剣に行動に出ないわけにはいかないだろう。そうでなければ、イタリア国民は納得しない。過去の栄光もかなぐり捨てて、新たなカルチョの国をリセットする。今回のアポカリプスから得られるだろう、唯一の救いである。

◆イタリア対スウェーデン戦の現地リポート>>

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事