2017.11.06

大迫勇也は代表を考える余裕なし? 
ケルンがリーグ戦未勝利で火の車

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AFLO

 大迫は「チームのためにできることは、点を取ることだけです」とFWらしく話すが、その大迫自身もこのところは右MFとして相手のサイド攻撃を封じるために起用されることが多く、後半になってようやく前線に上がることができる、という使われ方をされている。そんな中でもこのホッフェンハイム戦ではチーム最多の4本のシュートを放つなど、まさに奮闘しているのだが、ここまでリーグ戦で1得点、ELで2得点では個人的にも満足とはいえないだろう。

 ただ、頭を悩ませる日々が続くなかでも、大迫本人には開き直っているような明るさもある。

「考えちゃうけど、考えすぎてもしょうがないし、難しいところですね。精一杯やらなくちゃいけないけど、ひとりでやれることにも限界はあるし」

 チームスポーツなのだから、みんなでどうにかしていかなければ打開のしようがない、ということだろう。この試合を最後に日本代表の欧州遠征に合流する大迫だが、とてもそれについて触れている余裕はなさそうだった。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事