2017.10.23

コバチ監督の信頼も厚い長谷部誠。
守備だけに「落ち着かず」に攻撃も

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

リベロという自分のポジションでのプレーについても、コバチ監督の信頼とは別に、長谷部自身は満足していないようだ。「最近のテーマは?」と聞かれた長谷部は、こう答えている。

「"落ち着かないこと"ですかね。やはり中盤よりもリベロというポジションでより多く出ている。あそこのポジションは、どちらかというと、いわゆる"目でプレー"できたりする部分もあるので、そういう部分に落ち着かずに、とにかくより自分のプレーをよくしたい。今日なんかでも、もっとボールに触って自分で組み立てて、という部分(が足りない)。今日だけじゃなくて、ここ最近うまくやれていないので、そこをもう少し求めてやっていきたいと思います」

 守備陣のコントロール役として守りに専念するだけではなく、より攻撃にもコミットしていきたいということだろう。このあたりの冷静で的確な現状認識が、長谷部の安定感につながっているのに違いない。

 一方、ドルトムントの香川真司は58分からの出場だった。チームは結果的にその後、2点を奪われ追いつかれている。

 香川は4日前のチャンピオンズリーグ、アウェーでのアポエル(キプロス)戦で今季初のフル出場を果たしていたが、フランクフルト戦の途中出場は拍子抜けだったようだ。