2017.10.22

孤立したマインツ武藤嘉紀。
「いや、強いですねえ」とシャルケに完敗

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 そんなシャルケと対戦した印象を、1トップでフル出場した武藤嘉紀はこう話した。

「いや、強いですねえ。そりゃあ強いと思います、全員戦えるし。3バックが完全に残っている状態だから、俺が1人残っていても、そこに3人が絶対にいる形だった。守備は堅いなと。今日に関しては、俺の動きというのはかなり研究されていたみたいで、真ん中のCB(ナウド)がずっとついてきていた。それに3枚を残していても前は個人で戦えるし、ミスが少ないから、前半が1-0で終えられてよかったなと思います」

 一方のマインツは、ウィングが引き気味の3-4-3のような守備的なシステムをとった。だが、シャルケのプレスに押されたか、前に蹴っては押し返されるだけで攻撃のきっかけが見出せない。前線に蹴り込んでも、相手のCBは武藤が自由にプレーすることを許さず、決定機を作ることはできなかった。

「自分たちがボールを回すのを怖がってしまった。全部蹴っちゃうから。しかも前にいるのは俺だけで、そこに思いっきり蹴られても、相手のディフェンダー3枚が残っているから3対1。あそこで1人になっちゃうと厳しい。今日はチームとして、今季、一番悪かったんじゃないかなと思います」