2017.10.09

宇佐美貴史、ブンデス2部でシゴかれ中。
ドイツの恩師から「サボるな」

  • 鈴木智貴●取材・文 text by Suzuki Toshiki
  • photo by Getty Images

 要求はすごく厳しいですけど、そこに応えていきたいとは思っています。なんていうんですかね、"投げやり"という感じではなくて、優しさを持って言ってくれているのかなっていうのはあります。ただ、選手が面と向かって言われたら嫌なことをバシバシ言ってくれる人なので、そこはしっかり受け止めながら(笑)。この中断期間もね、有意義にしっかり使えば、そろそろ(コンディションは)問題ないかなとは思いますし、そういう部分をしっかり練習から表現していければって感じです」

 残念ながら、デュッセルドルフで先発の座を掴み取る前にヘイマンはチームを去り、宇佐美もキリンカップの日本代表メンバーには選出されなかった。しかし、ドイツで4クラブを渡り歩き、成熟した大人へと変貌を遂げつつある宇佐美の表情から、余計な焦りは感じられない。

「チームでの練習もしっかりやってますからね。本当に量がすごくて、インテンシティ(プレー強度)も高いので、練習をしっかりこなしていれば、間違いなくコンディションは上がってくると思います。そのプラスアルファのところで、練習が終わった後にもう少し追い込む作業ができれば......っていうイメージはできています。(代表への想いも)もちろんありますよ。毎回(メンバーに入ることを)狙っていきたいですし、そのために、まずは自分のフィジカル的なコンディションをもっともっと上げていかなきゃいけないと思っています」

 日の丸を背負ってロシアに行く――。来年のW杯から逆算で出した答えとはいえ、プライドを捨てて2部での戦いを決断することは、周囲が考える以上に簡単ではなかったはず。だが、彼はあえてその道を選んだ。

 夢のW杯出場に向け、宇佐美の逆襲がいよいよ始まろうとしている。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事