2017.09.29

ネイマール、アウベス大暴れ。
欧州の「国内番長」対決はPSGが完勝

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 昨季も決勝トーナメント1回戦でバルセロナにまさかの大逆転負けを喫している。CLの流れにうまく乗れていないチームだ。バイエルン同様、そろそろなんとかしなければならないときを迎えている。

 悪い流れを断ち切ろうとしたのだろう。PSGは今季、バルサから2億2000万ユーロ(約288億円)の巨費を投じてネイマールを獲得。昨季モナコで大ブレークしたキリアン・ムバッペをもレンタルで獲得するなど、豊かな資金力を背景にさらなる戦力拡充を図った。それがこのバイエルン戦では実を結んだ。

 例によって、警戒心なくフワッと立ち上がったバイエルンに対し、PSGは抜け目なく対峙した。先制点は開始2分。ネイマールのドルブル&カットインから生まれた。ネイマールが内に切れ込み、ラストパスを送った相手は、バルサ時代の同僚。PSGが今季獲得したもう1人の有名選手、ダニ・アウベスだ。そのクリーンシュートが決まると、バイエルンは浮き足立ち、試合は完全にPSGペースになっていった。

 昨季ユベントスでCL決勝進出に貢献したこの右サイドバックは、さらなるステップアップを図ろうと、34歳のベテランにもかかわらず、パリに活躍の場を求めてやってきた。欧州一の味を知る選手。そのためには何が必要かを知る選手。王者の気質とはなにかをバルサ時代に習得したこの2人によってPSGは勢いづいた。一方のバイエルンは、ペースを失った。