2017.09.16

「正直、受け入れがたい」。
ヘルタ原口元気の冷遇はいつまで続くのか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 だからこそ、リーグ戦の合間に行われるELは、出番の少ない背番号24にとって試合出場の絶好機だったのだ。実際、試合前日にはヘルタのパル・ダルダイ監督も、週末のリーグ戦からのメンバー入れ替えを示唆していた。

 やっと自分にも出番がやってくる――。原口は苦笑まじりに「そう思っていましたけどね」と語る。

 ところが、確かに先発メンバーのうち5人が入れ替えられたものの、そのなかに"GENKI HARAGUCHI"の名前はなかった。

「僕が今日与えられたのは5分、10分なんで。そこでやるしかなかったですけどね」

 原口は乾いた笑いを浮かべ、発する言葉も途切れがち。受けたショックが決して小さくはないことを物語っていた。

「今日は相当(自分に出番が巡ってくる)チャンスゲームだった、と。ブンデス(リーグ戦)では、ああいう交代の仕方(先発メンバーを大きく入れ替えること)はしないので。まあでも、(試合は)続くからね」

 原口が力なくつぶやく。

「よく分かんないですね、オレも」

 原口がダルダイ監督から事実上の戦力外と見なされているとの現地報道は、今季開幕前からあった。原口自身、「プレシーズンは全然試合に出させてもらえていなかった」と認める。

 原口が他クラブ(イングランド・プレミアリーグが有力と見られていた)への移籍を希望し、ヘルタとの契約延長がなかなか決まらなかったことがその理由だと言われているが、もちろん、真相は定かではない。