2017.09.07

プレミアで最安値のチケット。
誰もがハダースフィールドを愛している

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

 しかし彼は、現監督のデイビッド・ワグナーのおかげでクラブへの期待が高まってきたと言う。スカウトのネットワークも広がった。

「"ハダースフィールドのような小さなクラブ"というメンタリティーを捨てなくてはいけない」と、ブースは話す。「今シーズン、私たちはいくつかのクラブを相手に番狂わせを起こすだろう。おそらくどのチームも、ハダースフィールドを狙ってくる。ホームとアウェー合わせて勝ち点6を取りにくる。そんななかで私たちは、(プレミアリーグに残留できる)下から4番目より上に入らなくてはならない」

[古くからのファン]

 4人はハダースフィールドかその近郊で育ち、中学校で出会い、古いスタジアムに一緒に行き、その後は生活のために故郷を離れて広い世界のあちこちに行った。いま60代後半になって引退した彼らのうち、3人はハダースフィールドに帰ってきた。

 試合前に集まってエールビールを飲むパブで、グリン・ロバーツ、レス・ミッチェル、マーティン・ジェソップ、ボブ・エディンバラの4人は、自分たちにとってクラブがどんな存在だったか語ってくれた。「私たちの人生について回るテーマのひとつだ」と、ひとりが言った。