2017.09.02

全ベルギーが大絶賛。森岡亮太が再び
日本代表に呼ばれる日はいつか

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 こうして森岡は27万5000ユーロ(約3600万円)の移籍金でベフェレンに加入することになった。この金額はクラブ史上最高額だが、「今や、はした金」と報じられている。

「森岡の未来は計り知れない。彼は欧州トップリーグでもプレーできるポテンシャルを持っている。現在、森岡はベルギーのなかで『最高の10番』。彼には1000万ユーロ(約13億円)という金額も大げさではないぐらいの価値があると聞いている。もし、そのお金を積まれたら? 断るね。私は本当に彼を売らないよ」(ハイク会長)

 森岡の報道を追っていくと、ひとつ気にかかることがあった。ポーランドリーグ2季目となった昨シーズン、森岡は8ゴール9アシストというキャリアハイの結果を残した。だが、実際にはフィジカルの激しいリーグでロングボールを多用する戦術のなか、「苦しいシーズンを送っていた」とも記されているのだ。8月26日に行なわれたシント=トロイデンVVとの試合後、私は森岡本人に確かめてみた。

―― 昨季ポーランドで8ゴール9アシストを記録したとき、私は森岡選手に「キャリアハイでしたね」と言った記憶があります。しかし、ベルギーのメディアは「ポーランド2年目の森岡選手はあまりよくなかった」と書いていました。ただ、最後のほうの試合では2ゴール1アシストを決めて、ヒーローになったそうですね。昨シーズンは苦しんでいたんですか?