2017.07.31

涙が止まらない…。シャペコエンセ、
悲劇のストライカーに長男が誕生

  • 沢田啓明●文 text by Sawada Hiroaki photo by AP/AFLO

 事故の直後、彼の親族が2分半ほどの動画を公開した。11月23日、つまり亡くなる5日前、グラジエーリさんが夫を驚かせようと、「パパになるあなたの幸せは、ママになる私の幸せでもあるのよ」と記したカードと、これから生まれる赤ちゃんのための小さな靴を納めた箱を夫のチームメイトに託し、チームの宿舎で彼に手渡してもらったのだ。

 チアギーニョは突然の”プレゼント”に最初は怪訝な顔をしていたが、事情を理解すると大声を上げ、チームメイトたちと抱き合って喜んだ。この動画はネット上でブラジルだけでなく世界中の人々に視聴され、シャペコエンセの悲劇を象徴する出来事のひとつとして記憶されることになった。

 悲報を聞いたグラジエーリさんは、当初はあまりの衝撃と悲しさで涙も出なかったという。1週間ほど経つと、今度は毎日、涙が止まらなくなった。来る日も来る日も、少しずつ膨らみ始めたお腹を抱えて泣いていた。

 しかし、やがて「彼のためにも、生まれてくる子供のためにも、もっと強くならなければ」と思い直し、自身のインスタグラムに「パパ。ママは必死に頑張っているよ。僕たちを天国からずっと見守ってください。パパを愛しています」という”息子からパパへ宛てた手紙”を掲載。「これで気持ちが吹っ切れたの」と周囲に漏らした。そして、「陣痛のとき、彼の励ましの声が確かに聞こえて」(グラジエーリさん)、無事、出産を終えた。