2017.07.27

ケルン大迫勇也が開幕前から
ハンパなく好調。「新しい相棒が楽しみ」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

「コルドバと早くやってみたいです。やってみないとわからない。ただ後ろの選手は僕のことをわかってくれる選手が多いので、ゴール前に入ってゴールをどんどん狙っていきたいです」

 今季、ヨーロッパリーグ(EL)も控えるケルンでは、持久力、スタミナを重視したトレーニングを行なっている。大迫が言うように、2部練習や走り込みを例年よりも増やした。その2日後に行なわれたブラウンシュバイク戦では、大迫はベンチ入りしたものの出場はなかった。

「ずいぶん前から出ないと決まっていたんです。監督は平等性が大事だと言っていて」

 各選手が平等に90分間のプレーを経験するという調整方法をとっていると、シュテーガー監督は選手たちに説明したという。そしてこの試合をベンチで眺めた大迫は、この日フル出場したコルドバに好印象を受けていた。

「結構面白そうですけどね、コルドバ。意外と動く量があったし。(モデストとの関係とは)違いますよね。彼は起点も作れそうだから、僕ももうちょっと前にいけるかな。そこはやりながらですけど、新鮮な感じで楽しみです」