2017.07.15

バルセロナの胸が楽天ロゴに。
三木谷会長の親友ピケが決意を語る

  • text by Sportiva

 しかし、新シーズンについて話題が及ぶと表情が一変。メッシやアルダが「全タイトルを獲得したい」と勢いよく言っていたのとは対照的に、今年2月で30歳になったDFリーダーとしての冷静な顔をのぞかせた。

「もちろん、すべてのタイトルを制覇したいが、それはとても難しい。他のチームも素晴らしいチームで、一流の選手たちがひしめき合っているからだ。だが、応援してくれる全世界のサッカーファン、バルサのファンのためにも、我々はタイトル獲得を目指さなくてはならない」

 2016-2017シーズンの最後にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を制したバルセロナだが、リーガやチャンピオンズリーグでは宿敵レアル・マドリードの後塵を拝した。巻き返しを図るチームは、スペイン人監督のエルネスト・バルベルデを新たな指揮官に迎えた。2015年にはスーペルコパでバルセロナを下し、アスレティック・ビルバオに1984年以来となるタイトルをもたらしたバルベルデに対して、ピケは「とても素晴らしい監督だと聞いている。バルサでも、勝利のために貢献してくれると信じている」と期待を寄せる。

 世界屈指の名門クラブに求められるのは、常に勝利しかない。メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの"MSN"に代表される攻撃陣はもちろん、守備陣のリーダーを担うピケにかかる責任も自ずと大きくなる。

「我々の哲学は、『常にボールを支配し、試合を制する』こと。常に高いレベルで、すべてのファンを魅了する試合をお届けしたい。日本のファンのみなさんも、期待していてください」

 世界と日本をアッと驚かせたバルセロナと楽天のパートナー契約。意外な交友関係で"ビッグ・ディール(大口取引)"のきっかけをつくったピケは、その言葉通り胸の新しいロゴから力を得て、レアル・マドリードを倒すことができるだろうか。

■海外サッカー記事の一覧>>

関連記事