2017.07.02

サッカー選手の年収ランキング。
1~3位は不変も11位以降に異変あり

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

5位:ズラタン・イブラヒモビッチ/マンチェスター・ユナイテッド、元スウェーデン代表

 前回よりもサラリー(ボーナスを含む)と広告収入の両方が下がり、日本円で約35億円となる総額3200万ドル(うち広告収入は500万ドル)に。35歳のストライカーはユナイテッドと単年契約を終えたばかりだが、1年間のオプション契約を行使する権利を握っており、来季も残留する可能性はある。しかし本人は、夢のCL制覇を果たすべく、ユナイテッド以上のクラブへの移籍を望んでいるとも噂されている。とはいえ、重傷からの復帰途上にあるベテランを喜んで迎え入れるトップクラブは、そう簡単には見つからないだろう。

 6位から10位までは以下のとおりだが、むしろ11位からの顔ぶれに、今のフットボール界の流れを確認できる。フッキ(12位/上海上港)、グラツィアーノ・ペッレ(15位/山東魯能)と、中国クラブでプレーする2選手が初めてランクインしているのだ。中国では外国人選手の獲得に対するルールが厳格になり始めており、今後この傾向が強まることはなさそうだが、ついに欧州以外のクラブに所属する選手が20位圏内に割って入るようになった。

6位:ウェイン・ルーニー/マンチェスター・ユナイテッド、イングランド代表
総額:2360万ドル(サラリー1760万ドル+広告収入600万ドル)=約26億円

7位:ルイス・スアレス/バルセロナ、ウルグアイ代表
総額:2330万ドル(サラリー1730万ドル+広告収入600万ドル)=約26億円

8位:セルヒオ・アグエロ/マンチェスター・シティ、アルゼンチン代表
総額:2260万ドル(サラリー1460万ドル+広告収入800万ドル)=約25億円

9位:ハメス・ロドリゲス/レアル・マドリード、コロンビア代表
総額:2190万ドル(サラリー1490万ドル+広告収入700万ドル)=約24億円

10位:ポール・ポグバ/マンチェスター・ユナイテッド、フランス代表
総額:2120万ドル(サラリー1720万ドル+広告収入400万ドル)=約24億円

■11位~20位は次ページ