2017.05.15

1部昇格でシュツットガルト残留か。
浅野拓磨「引っ越し面倒だし(笑)」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ただその「言われたこと」というのが少々不可解でもある。

「そのときは本当に単純に、裏に走れということだけを言われた。僕自身は『走ってるけどな』と思っていましたけど。でもそこは監督が見ているところなので、言い訳できないですし、僕は本当にアピールしていくしかないと思います」

 本来FWの浅野だが、シュツットガルトではサイドMFで起用されている。主に右サイドで使われてきたが、早い時間に交代した2試合は左サイドでの起用だった。そのあたりにもなんらかの原因はありそうだが、指揮官が指摘するのは浅野の裏への走りだという。つまり今、浅野に求められているのは「ゴールよりもハードワーク」なのだ。

 浅野は以前、こんな話もしていた。

「『お前にはゴールを求めてないから、とにかくアーバイトしろ、アーバイトしろ』と。そのときは『チクショー』と思いました。そこの悔しさは常に消えることがないと思います。僕はゴール求めないといけない選手なので」

 ドイツ語の「アーバイト」とは働くという意味の動詞。ハードワークしろというニュアンスだ。FWにとってはなかなか受け入れ難い状況だが、浅野は表情を曇らせるでもなく、にこやかに心境を説明してくれた。