2017.05.02

初アシストにホッとする岡崎慎司。
技ありスルーパスで残留ライン到達

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 プレスをかけようとも、WBAに長いボールを蹴られてしまう。あるいは敵のパス回しに狙いを定めても、彼らのポゼッションが不安定でなかなか刈り取れない。敵が前がかりになったところをプレスで捕まえ、すばやくショートカウンターにつなげるプレーを得意とするレスターとしては、極めて相性の悪い相手である。

 そのなかで、岡崎も存在感を示せずにいた。攻守両面でリズムを刻めないチームのなかで埋没し、決定機もシュートチャンスもなかった。こうなると、分が悪くなる。これまでなら、チームが思うように攻撃の形を作れない展開に陥ると、真っ先に交代を命じられるのが岡崎だった。

「あのまま前半を0−0で終えていたら、何かしらの動きはあったんじゃないか。気持ち的には『(自分が)交代させられるんじゃないか』という不安もあったし。そういう意味でも、あのアシストは大きかったと思います」(岡崎)

 チームパフォーマンスは決してよくなかったが、それでも先制点を挙げてリードした。しかも、日本代表FWはアシストの結果を残した。値千金のゴールで、岡崎は後半もプレーを続けることができた。