2017.03.28

リーガ2部の鈴木大輔はブーイングに
怯まず、倒れた相手に「立てよ」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「いろいろなポジションで試されているのは、戦術的理解が高いと思われているからだと思っています。3バックの真ん中、右、そして今日のようにウィングバックもやったりする。(監督は信頼していなければ)ぶっつけ本番で簡単に任せられないと思う。もっともっと磨きをかけていきたいし、プレーの幅を広げたいし、吸収していきたい」

 バジャドリード戦の鈴木は本職のCBでプレーはしなかった。チーム事情があるとはいえ、選手にとっては普段から慣れ親しんだポジションでプレーするのが一番のはずで、不慣れなポジションでのプレーに戸惑いを感じたり不満を持ったりしてもおかしくない。

 だが、鈴木は慣れないポジションでプレーをすることは自身のプレーの幅が広がるチャンスと素直に受け入れている。その姿勢は、新たな生活が始まることに期待している新社会人のようで、見ているこちらもつい楽しくなるのだ。

「あまり小さくならないように、堂々とプレーをしようとしています。自分がボールを奪われたとかは関係なく、結果として”奪い返せばいいでしょ”みたいな図太さが身についている。相手が倒れていても”立てよ”ぐらいの感覚で今日はできたので、そういう気持ちの面ではとてもよかった」