2017.03.28

リーガ2部の鈴木大輔はブーイングに
怯まず、倒れた相手に「立てよ」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 バジャドリードにとっての不運は、FWフアン・ビジャールのシュートがことごく枠を外れたり、GKの正面をついたりしたこと。タラゴナは大量失点で敗れていてもおかしくない試合内容で、この試合にウィングバックとして先発出場を果たした鈴木も、チームの出来がよくないことを認めている。

 鈴木のパフォーマンスも決していいものではなかった。慣れないウィングバックのポジション。対面に相手がいるならその対処を一番に考えればプレーもしやすいが、バジャドリードのサイドアタックは、サイドバックが後方から上がってくる。気づいたときには数的有利を作られ、後手を踏むシーンが目立った。

 それでも鈴木がプレーしている間、タラゴナゴールを破られることはなかった。

「自分がいる間に点を取られなかったことはよかったし、この厳しい状況で、アウェーでちゃんと勝ち点3を持ち帰れたことは大きい。内容が悪く悲観する面もあるけど、自分的にはポジティブに考えている。この勝利はチームが浮上するためのきっかけになると思っています」

 鈴木と話をする時、いつも感心することがある。それは常に物事をポジティブにとらえることだ。もちろん、反省をすることも忘れていないが、ミスや失敗を引きずるようなことはなく、頭の中にネガティブなこともポジティブに変換することのできるチップがあるかのようだ。