2017.03.15

小林祐希がヘーレンフェーンの
「リーダー&夕食番長」になっていた

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by SC Heerenveen

 ヘーレンフェーンvs.ローダJC戦を告知するオフィシャル写真には、チームメイト2人ずつが左右に並ぶ中央に小林が立っていた。クラブの広報は、小林にこういうメールを送ったという。

「祐希がリーダーと思っているから」

 小林はこのメールの意味を「チームメイトを食事に誘ったり、ロッカールームや練習での振る舞いも見て、そう受け取ってもらったのだろう」と解釈している。

「今までは『自分がカッコいいプレーをしたい』が9割、残りの1割が『チームメイトのため』でした。でも、今は8割ぐらいが縁の下の力持ち的な動きじゃないですか。それでも、チームメイトが気持ちよくプレーしてくれているとか、勝ち点に貢献できているとか、試合に出続けているとか、監督やチームメイトから信頼してもらっていることも、サッカー選手として必要なことかなと思っています」

 ストレッペル監督は「祐希はもっとゴールやアシストにつながるプレーをしたがっているが、今のポジションでは我慢している」と述べている。それを聞いた小林は「わかってくれてたんだ」と言い、チームのためにますます労を惜しまぬ覚悟を固めていた。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事