2017.02.23

岡崎慎司「キヨの仇をとれなかった…」。
出番なくセビージャに完敗

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 またこの試合の前に、セビージャでプレーをしていた清武弘嗣と話をしたことも明かしてくれた。

「キヨ(清武)からはいろいろ話を聞いていた。みんなうまいなと思ったし、ボールを取られない。こっちが激しくいっても、みんなボールの持ち方がうまい。FWにもっと決定力のある選手がいたら、とは思いますけど、普通にみんな、うまいなと思いました」

 そして清武には、こんな意気込みも語っていた。

「アドバイスは聞いていないですね。とりあえず僕がセビージャに一撃を決めたら"仇をとったぞ"みたいな......。ただ試合に出られていないので、"ごめん"って言っておきます。残念ながらその場面がなかったので」

 内容的には完敗を喫したレスターだったが、ジェイミー・バーディーのゴールで次ラウンド進出の目を十分に残したことが、この夜のラモン・サンチェス・ピスファンでの一番の収穫。キング・パワー・スタジアムでの第2戦、岡崎は清武の"仇"をとり、チームをベスト8に導くことができるだろうか。

■海外サッカー 記事一覧>>


関連記事