2017.02.11

武藤嘉紀と宇佐美貴史。同い年の
アタッカーが考える「スタメン奪取法」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「僕自身はまだまだ信頼されてないと思います。もっと日頃の練習から信頼を勝ち取っていくしかない。そういう勝負のできる環境にいることは間違いなくプラスだと思いますし、自分自身も気持ちを切らさずにやっていきたいです。粘り強く練習からアピールしていって、1本パスをもらえた時に、1本チャンスを作れれば、という環境にはいる。それをしたたかに狙い続けていくしかない」

 感情を押し殺すように、それでも的確な言葉で自らの現状を説明した。

 日本を代表する同世代のアタッカー2人。後半戦、浮上のきっかけを早く掴むのはどちらだろうか。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事