2016.12.21

シャペコエンセ再建へ。悲劇の王者を
超ハードスケジュールが待ち受ける

  • 沢田啓明●文 text by Sawada Hiroaki photo by Reuters/AFLO

 また、8月にはバルセロナが主催するジョアン・ガンペール杯に招待されているほか、日本で行なわれるスルガ銀行カップで今年のルヴァンカップの覇者・浦和レッズと対戦。さらにレコパ・スダメリカーナで、アトレティコ・ナシオナル(今年のコパ・リベルタドーレス王者で、今年のコパ・スダメリカーナ決勝で顔を合わせるはずだった)と対戦する。

 世界でも類を見ないほどの超過密スケジュールが待ち受けるシャペコエンセ。再建は時間との戦いであり、地上で最も注目されるクラブのひとつとなっただけに、「無様な試合はできない」というプレッシャーもかかる。

 それでも、シャペコエンセはあらゆる困難を乗り越え、今は亡き会長がぶち上げた南米クラブ王者という壮大な夢の実現に向けてまた走り始める。そのことが、夢半ばで愛する家族を残してこの世を去った男たちへの鎮魂となるに違いない。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事