2016.12.14

岡崎慎司とのCL日本人対決なるか。
気になる清武弘嗣の移籍情報

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

レスター(イングランド)vsセビージャ(スペイン) 
第1戦:2月23日 第2戦:3月16日

「2位通過した全チームが我々との対戦を望んでいたはずだ。私たちは再び、アンダードッグ(勝機の低い方。穴馬)となる。いや、うちはいつだってアンダードッグだ」

 抽選後にレスターのクラウディオ・ラニエリ監督はそう語った。昨シーズンに奇跡的なプレミアリーグ制覇を成し遂げたチームは、大方の予想通り、国内では優勝後のシーズンに苦しんでいる。相手に研究されていることもあり、ここまで4勝4分7敗の14位。特に、アウェーでは1分6敗と白星がない。この状況に、現地では1938年のマンチェスター・シティ以来となる、1部リーグ優勝チームの降格の可能性すら囁かれている。

 その一方、クラブ史上初となったCLグループステージでは、ポルト、FCコペンハーゲン、クラブ・ブルージュと同組になるクジ運にも恵まれて──ヨーロッパリーグのグループといわれても不思議ではないほど地味な組だった──4勝1分1敗で堂々とグループGを首位通過。ただし、勝ち抜けを決めた後に行なわれた最終節のポルト戦では、ベストメンバーではなかったとはいえ、敵地で0-5の大敗を喫している。

 客観的に見て、地力はそのほかにグループ首位で突破したアーセナル、ナポリ、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、モナコ、ドルトムント、ユベントスより劣るだろう。2位通過した8チームが、イングランド王者との対戦をラッキードローと考えていたのは、イタリア人指揮官でなくとも理解できるところだ。