2016.12.07

本田圭佑の復活を予言したモンテッラ。
「五指に入る模範的プロ選手だ」

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 モンテッラは未来を見通せるのか。あるいはその会見の時点から、はっきりとした試合のプランを持っていたのかもしれない。本田は左サイドに投入された。前回のジェノア戦ではあまり試合のリズムに乗れなかった本田だが、今回は同サイドの敵を何度かかわし、ジャンルカ・ラパドゥーラの決勝ゴールへとつながるFKも蹴るという活躍ぶりだった。

 長い間ベンチを温め続けてきた本田にとって、この10分は新たな展開を予感させるものとなった。つまり何度もこのコラムで主張してきたことが、いまや現実になりつつあるのだ。これまでのシーズン同様、今年もまた必ず本田の力が必要とされる時がやってくると――。

 本田の従来のポジションには、今シーズン、大ブレイクを遂げたスソがいる。彼を外すことは今や不可能だ。しかし別なポジションであれば本田にもチャンスはある。長いトンネルの先に光明を見た気がした。

 本田は真のプロフェッショナルだ。いつもミラネッロに一番にやってくるし、練習での真剣さも、激しさも常にトップだ。そのことをモンテッラもちゃんと理解しているし、決して忘れてはいないはずである。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事