2016.12.06

岡崎慎司、ゴール奪取もチームを憂慮。
「昨季は…の考えを捨てないと」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 昨季はあり得ないことを達成してしまったと思うんです。でも、頭でわかっていても、達成感というか、多少は燃え尽きているところがあると感じるんです。だから、『昨季は……』という考えを早めに捨てないと、えらいことになるなと」

 だからこそ、岡崎はいつにも増して闘志を燃やしている。「昨季はまったく満足せずにシーズンを終えた。だから、みんなよりモチベーションが高いと思う。自分はフォワードなので、ここで自分が点を獲ればチームを救える。強い気持ちを持ってやりたい」

 リーグ戦の次戦では、強豪マンチェスター・シティをホームに迎える。はたして岡崎は、自身の活躍で負の流れを断ち切ることができるか。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事