2016.12.06

岡崎慎司、ゴール奪取もチームを憂慮。
「昨季は…の考えを捨てないと」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 今季リーグ戦で2ゴール目、チャンピオンズリーグとリーグカップを含めると通算5ゴール目となった。だが、試合を1-2で落としたため、「(自分のゴールで1点を)返しただけ」(岡崎)。嬉しさと悔しさが入り混じった複雑な表情を見せていたが、試合前から「最近の感覚として、ゴール決められるんじゃないか」と感じていたという。

「チームとして、『誰が(特定な選手を狙って)』という形がないじゃないですか。 だから、自分が動き出せば、そこにボールが来るようになっている。昨シーズンは(FWジェイミー・)バーディーが動き出したら、(チームメイトは)彼の動きしか見ていなかった。でも今は、バーディーが防がれている。『(代わりに)誰が?』というところで、自分にチャンスが必ず来ると信じているんで」

 こうした狙いが実を結んだのが、この日のゴールだった。

 最近、岡崎がテーマに掲げているのが、「自分の感覚を信じて」プレーすること。チャンスと見れば、ゴール前に突っ込む。あるいは、サイドが空いていると感じれば、横に開いて縦パスをもらう。陣形や攻守のバランスなどは深く考えず、自分の感覚を信じて動くようにしているという。