2016.11.29

バーディー不振で、地元の評価は
岡崎慎司が「最も危険なストライカー」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 バーディーとマフレズが昨季のような輝きを一瞬見せることはあるが、問題はそれが持続しないこと。カンテがいなくなったセントラルMFも、パスの構成力が著しく低下している。レスターが抱える課題は決して少なくない。

 だが岡崎は、こうした状況も前向きに受け止めている。チームの状況が混沌としているからこそ、自分のゴールが流れを変える転機になる。そしてそれは、チームを助けることに直結するからだ。

「ほんっとゴールですね。ゴールを獲って、(流れを)自分に手繰りよせたら……。今は線上にいると言うか。点を獲れば上がれるし、獲れなかったら出られないし。でも、リスクをかけてそこは勝負しようかなと思っています。自分を信じようかなと」

 次戦は最下位に沈むサンダーランドとの一戦。レスターにとっては落とせない試合になるが、同時に、岡崎にとっても勝負の一戦である。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事