2016.11.25

CL初先発で初ゴール。
なのに岡崎慎司の表情が浮かないのは?

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 しかも、チームは2−1で勝利し、1試合を残してグループGの首位突破を決めた。チームとしても、岡崎個人としても、満足のいく結果になった。

 しかし、試合を終えて取材エリアに姿を現した岡崎の表情は、どこか冴えない。口数も、心なしか少ない。ゴールについてひと通り話すと、口をついて出たのは反省の言葉だった。

「失点に絡んでしまった。疲れもあって、ほんとにイージーミスが出てしまった。あれでゴールが入っちゃうというのは、『もっと反省しろ』ということ。(監督には交代のときに)『よかった』って言われたんですけど、自分のミスから失点して流れが悪くなったんで」

 失点場面を振り返ると、たしかに、フックスのスローインを受けた岡崎のトラップが乱れたところから始まっている。フックスがボールを奪われ、相手スコアラーのFWホセ・イスキエルドに単独突破を許した。ただ、センターライン手前の位置からぶっちぎったイスキエルドの速さが光ったシーンで、DFも彼のスピードについていけてなかった。加えて、コースがニアサイドに限定されながら防げなかったGKロン=ロベルト・ツィーラーのミスも重なった。岡崎のトラップミスは、あくまでも一因にすぎなかった。