2016.11.25

ハンブルガー主将・酒井高徳は
名門クラブの大ピンチを救えるか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 試合になったらそんなことは全く関係なく、みんなに声をかけるということを意識した。僕もタイプ的に、点を獲ってなんとかしてやるという選手じゃないから、こういう状態になって何ができるかといったら、走って、体を張って、声を出して、諦めないポジティブなエネルギッシュなところをチームに注ぎ込むというところだと思うので」

 その”初戦”は、上位争いをするホッフェンハイムを相手に2-2のドロー。それまで勝ち点が2しかなかったチームにとっては、敵地での貴重な勝ち点1だった。確かにこの日のハンブルガーの選手には試合中にダレるところがなく、一度は逆転を許しながら追いつき、最後まで相手の猛攻をしのぎきった。新主将の影響があったのかもしれない。

 酒井は「我慢してしっかり耐えたということはすごく誇り」と、安堵と手応えを得ていた。

 降格の危機にさらされるチームでの、まぎれもない大役。風当たりが強くなることは間違いないし、少なくとも今季中は逃げ出すことは許されない。名門チームでのこの経験は、酒井を大きく成長させるはずだ。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事