2016.11.23

香川真司、2ゴール1アシストにも
興奮せず「久しぶりの感覚」と語る

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 香川は、消化試合だから巡ってきたチャンスであることもしっかり認識しながら、やるべきことにフォーカスして結果を出した。惜しむらくは本人も「意識した」というハットトリックのチャンスを決められなかったことだろう。

「後半の最初がチャンスと思っていた中で、チャンスはあったんですけど、シュートがうまくミートせずに。そこで獲れないと、後半は相手もゴール前にずっと居続ける状況だったので難しいですから。だから後半最初の20分は勝負をかけたというか、狙いにいったんですけど、しょうがないですね」

 ゴールだけでなく、ロイスの得点もアシストしているが、あくまで冷静に自身のプレーを振り返った。

「久しぶりのゴールを決めて……それも6点目、7点目じゃなくて、1点目、2点目というところに価値がありますし、そこは素直に喜びたいです。そして次の試合に向けていい準備をしていきたい。(後半プレーした)ボランチも、(前半プレーした)トップ下もメンバーが多いので、ローテーションがあったりする中で自分自身を証明するためには、結果を求めたい。