2016.11.09

「信頼されてないのかな」。
前半だけの交代が腑に落ちない岡崎慎司

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 ここに、昨季から岡崎が抱えるジレンマがある。

「監督から信頼されているのはハードワーク」と本人が語るように、精力的なランと献身的な守備、豊富な運動量をラニエリは高く評価している。エネルギッシュなプレーでチームに活力を注入し、ピッチを幅広く走り回ることで攻守を活性化する。こうした"火付け役"のような役回りをこなすことで、昨季はレギュラーの座を掴んだ。

 だが同時に、チームパフォーマンスが振るわなければ、真っ先に交代させられるのも岡崎だった。この試合はチーム全体の動き出しが鈍重で、特に攻撃面で火がつかなかった。そして、前半だけで交代──。繰り返しになるが、岡崎のパフォーマンスは決して悪くなかった。

 その意味で、岡崎の立ち位置は、「チームパフォーマンスに大きく左右される」と言えるのかもしれない。実際、今季序盤は「控え組」からスタートしているが、先発に復帰できたのも、うまく機能しないチームパフォーマンスに依(よ)るところが大きかった。

 岡崎は語る。

「(後半は)監督の思いどおりのオープンなサッカーになったと思う。バーディーを前線に置いて、中盤からの組み立ては省いて......という感じで勝負したかったんだと思います。(前半のプレーを続けていけば)チームとしていけそうな場面もあった。それを捨てて、後半はかなりオープンな試合にしたなと、個人的には思いましたね。でも、それは監督が考えること。采配が当たったといえば、当たったと思う」