2016.11.05

ラニエリ迷走。突然の5バックで
岡崎慎司CL初先発がお預けを食らう

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

「たぶん監督の狙いとしては、守備を固めて、カウンターで(MFリヤド・)マフレズと(FWアーメド・)ムサ、(FWジェイミー・)バーディーでゴールを獲るという......。相手がラインを上げてくるのもあるんで、DFラインの裏を狙っていたんだと思うんです。

 でも、(突然採用したことで)けっこう戸惑いがあったと思う。もっと激しく前からいく5バックだったらよかったが、5バックが並んで引いてしまう形だと、相手にボールを回されてしんどい。そういうストレスがジリジリかかってミスが起きた」

 このシステム変更は、岡崎の起用にも大きな影響を及ぼした。攻撃陣と呼べるのは、CF1人と両ウィング2人の「計3人」。最前線「1」の位置に陣取るのは、スピードのあるバーディー。両翼にも、速さのあるウィンガータイプのマフレズとムサを配した。

 速さを持ち味とする選手を起用したことから、この布陣の場合、日本代表に与えられるポジションは「たぶんない」(岡崎)。「このフォーメーションだったら、俺の出場は『ないな』という感じで見ていた」と言う。

 しかし、指揮官のプランはすぐに崩壊した。守備は一向に安定せず、攻撃もCFのバーディーが孤立。パスの出し方をめぐってバーディーが仲間に強く指示を出すシーンもあり、チーム全体がフラストレーションを抱えているのは明らかだった。すると、前半終了間際に4−4−1−1へとシステムチェンジ。手慣れた4バックに戻したことで守備は安定し、攻撃もパスが回るようになった。