2016.10.30

レギュラー争い続く香川真司の決意。
「安全なパスより積極的なミスを」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 先発出場が続いていることで、トラップやパスの小さなミスは減ったように見えるが、それでも"あまり怖くない中盤の選手"という域を脱していない。本人も、まだこのポジションへの戸惑いがあるように見える。

「(自分が右MFでプレーする)メリットを生み出さないといけないですし、見つけ出さないといけない。そういう意味でやはりゴール前に入っていかないといけないし、何かしら自分で工夫して攻撃に変化をもたらさないといけないと思っています」 

 中盤の選手としての自分にもまだまだ課題を感じている。

「積極的なミスをもっとしたいんですけど......。安全なパスをするよりは積極的なミスをしたいし、チャレンジしたいという意味で、すごく物足りなさを感じます」

 他の選手と比べても仕方のないことではあるが、昨季はあまり機能していなかったゴンサロ・カストロが、今季はこのポジションで全く違ったプレーを見せている。そこで求められるのはゴール前への意欲的な侵入と中盤での落ち着いたプレーだ。連続して先発している香川だが、クラブ公式サイトなどでは香川ではなくカストロが先発として予想されることが多い。